ファイン財団 ホームへ戻るファイン財団とは会員制度情報誌リンク集
ファインな社会をつくり上げるために。

趣旨

設立趣旨

少子・高齢化が急速に進行するなかで、府民一人ひとりが安心して心豊かに暮らすことのできる「明るく活力ある福祉社会づくり」は、ますます切実な課題となっています。
このようななか、大阪府をはじめ、府内市町村、関係機関・団体、民間企業、そして府民のみなさまが一体となって新しい福祉社会(ファインな社会)を実現するため、行政と民間のコーディネーター「公民の福祉の総合基地」として、平成元年12月に(財)大阪府地域福祉推進財団(愛称ファイン財団)は設立されました。


シンボルマークについて

News詳細

大阪府の頭文字「O」をモチーフに、人が起き上がり、活動することにより、人と人とのふれあいが生じ、心が通じ合うさまが、ハートに象徴されています。同時にますますの発展、進歩、活発さ、活動の広がりがイメージされています。



「FINE(ファイン)」は財団の愛称です


F : Full Participation(完全参加)

I : Integration(統合化)

N : Normalization(みんなが社会の一員として共に暮らす社会づくりの考え方)

E : Equality(平等)

の頭文字をつないだもの。


みんなが等しく暮らせるようなファイン(素敵・快適)な社会をつくり上げていこうという意味が込められています。

 

Topへ戻る

PDFの閲覧ソフトは、こちらからダウンロードください



Copyright(C)2009 ファイン財団 Allrights reserved